読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NSR500 製作記 その1

いきなりですが製作記です。

今回はキットの紹介です。

f:id:rafutune:20160826141044j:plain

作るのはオートバイ。NSR500です。

実を言うと私はバイクにあまり詳しくありません。興味はあるのですが。。

ちなみにこのキットはある模型店のコンテストで入賞した際に景品でいただいたものです。

 

f:id:rafutune:20160826141053j:plain f:id:rafutune:20160826141023j:plain

キットの中身を見てみるとバイクモデル特有のカウルを留める金属製のネジなどが入っています。これはなかなか組み立てが楽しそうです。

あとはカウルの塗り分け用のマスキングシートが付いているなど、なかなか親切な内容です。流石タミヤ

合わせて別売りのフロントフォークセットも買ってあります。金属製のフロントフォークやマフラーの先端などが入っています。塗装せずとも質感が表現できるスグレモノです。

f:id:rafutune:20160826140941j:plain

バイクのプラモデルの魅力はやはりメカニカルな部分だと思います。

完成後もこういった部分はよく見えますからね。

ということで、今回のテーマはメカニカルな部分の質感の表現です。

 キット自体はよくできていて形に手を加える部分は特にない(というか私の技量では手を加えられる部分がない^^;)ので、塗装にこだわります!

f:id:rafutune:20160826140947j:plain

幸いにもキットにはカラーの資料が付属しているので、これを参考にしながら作業を進めることができます。

マフラーの焼けの表現がなかなか難しそう。。。

 

まぁチマチマまったり進めていきましょう。